20070714194036.jpg

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

子宮蓄膿症になっちゃいました

2008.08.12
それは北京オリンピック開幕の8月8日のことです。
マリンmarin6が、子宮蓄膿症になってしまい 
かかりつけの病院で緊急手術を受けました。
翌日9日の午前中には無事に退院することができ
今はまだ元通りとまではいかないものの 
食欲も出てきてほっと一安心です。

クタクターのお写真で 皆さんにご心配かけてしまうと思い 
少し元気になるのを待っての更新です。
昨夜はお散歩も少しだけできて 退院後初ウンPもできました、
もう大丈夫そうですね!

P1130195b.jpg
今日は 後ろ足で手術の傷口を掻こうとする余裕も出てきたようなので
お洋服を着せてみました。


とは言っても まだほとんど寝てばかり~
P1130210b1.jpg



マリンねぇたんが入院しちゃって帰ってこなかった晩には 
寂しくて私のお布団に入ってピトっとくっ付いて寝てたアンナも
今ではすっかり安心して退屈そう

P1130213b1.jpg 


マリンが心配で眠れない私も、
そんなアンナにはとても癒されましたけど(^_^)

P1130214b1.jpg


傷口舐め防止のお洋服は、人間の婦人用 Mサイズのタンクトップに
裾がめくれないように 伸縮性の包帯を前と後に二本ずつ
合計四本縫いつけてあり こうして見ると凧みたいですね~
着せてから 後ろ足を軽く包帯で縛ります。
P1130190b.jpg
ネットで作り方を探したりしたけど お裁縫苦手なので
自分なりに家にある物で工夫してみたところ
お腹も隠れてそのままトイレもできるし 
なかなか良いみたいですよん。

今日はマリンが好きなお肉もたくさん届きました。
真空パックの冷凍になってます。
P1130192b.jpg

美味しいご飯作るから 早く元気になってね マリンちゃん。
P1130222b1.jpg



今日の記事は 驚かせてしまって申し訳ありません、
まだ暑い日が続くようですが 皆さまもどうか健康には充分お気をつけて
楽しい夏休みをお過ごしくださいませ。

下の方の「続きを読む」をクリックすると 
手術前日からの経過などを詳しく記してあります。
楽しい話ではないですから 興味のある方だけどうぞ
 
******************************************

      

ご覧頂いてありがとうございます m(__)m
よろしければ上の「足あとボタン」や 左上の欄のメールフォームから
メッセージなどお待ちしております(*^.^*)
小さな文字で書きにくいのに メッセージ入れてくださるかた、
本当にありがとうございます。
いつも感謝しながら読ませていただいてます(^.^)v



フォトコンテストにエントリー中の   
お友達チャウチャウの「カリンちゃん」と「カリンらごん」ちゃんには
こちら↓で会えます。
http://contest.cane.co.jp/photocontest/      
↑クリックでコンテストのサイトが開きます
     応援よろしくお願いします 
可愛いお写真を是非見て下さいね!
  
 
 

ここからは 病気に気付くまでの経過などです、
不快な表現もあるかもしれません、興味のあるかただけ
ご覧いただければと思います。

手術前日の8月7日、マリンはまだ元気で 
食欲が少し落ちていたものの いつもの半分以上食べて
夜9時頃のお散歩も チャキチャキと力強く歩いてました。

ここ2~3日、自分のお布団や敷物をよく掘り堀りしてたので
ヒートから2ケ月くらい経つということもあり
てっきり偽妊娠かと思っていたのだけど・・・
それから いつも背中にピタっと乗っているフサフサ尻尾が
7日あたりは下がっていることが多く 
それも偽妊娠のせいかな?、と気になってました。


8日に日付が変わった頃から 
お水をたくさん飲むようになりトイレ(チッコ)も頻繁、
これはもしかして、と嫌な予感がしてきました。
トイレの後で いつものようにお股をティッシュで拭くと 
ごくわずかな薄い色の出血。
偽妊娠で出血は有り得ないのでは? 
やはり子宮蓄膿症の疑い濃厚、 
朝一で病院に行かなくては、と心配しながら見ていると 
出血(薄かったので膿が混ざってたのでしょう)が
少しずつ増えてきてしまいました。
一睡もできないまま早朝病院に電話、
診療が始まる前でしたが連れて行きました。
その時 マリンはまだ元気でお出かけを喜ぶ余裕すらありました。

エコーと血液検査で子宮蓄膿症と判明、
点滴しながら入院、その後手術となりました。
本当はマリンの傍を離れたくなかったですが
付いていても何もしてあげれないどころか邪魔になってしまうばかり、
お盆休み前で仕事もぎっしり、簡単には休めないし・・・
とても不安な気持ちで帰途につき 仕事をしていると
先生からは 手術前と後にお電話いただき
マリンの無事を確認できました。

夜7時半頃 なんとか時間をあけて一度面会に行きましたが 
とっくに麻酔からは覚めてたものの まだグッタリと点滴されたまま
私達をチラッと見ただけでした。
温度管理もよくしてくださってて お願いしたとおりマリンの前には扇風機も置かれ
先生もスタッフの方達も 一生懸命見て下さってるのが伝わってきて
私達もいくらか安心して帰宅しました。

先生が摘出した子宮を見せてくださいました(正視できなかったですが ;_;)
前のチャウチャウ犬のあんずが子宮蓄膿症で手術した時よりも 
もっとパンパンに膿が詰まっていて
手遅れにならずに手術してもらえたことに感謝感謝です。

翌朝 お迎えに行きました。 
9日はとても暑い日で、持参した保冷剤をいくつかマリンの体に当てながら
わずか20~30分ほどの道のりがとても遠く感じられました。

帰ってからも クタクターとしたまま呼吸も早く苦しそうでしたが
口元に持っていくと水を飲み ヨーグルトは美味しそうに食べ
やがて自力で立ち上がり トイレも済ませ
夜になる頃には少しずつ呼吸も落ち着きだし 好物の馬肉入りご飯も
少しですが食べられるようになりました。

10日の夜には 帰宅後初めて「ワン」と言い
お散歩に行くアンナを見て しっぽもフリフリできました。
(マリンも行けるのかと思って 勘違いフリフリでしゅ・・・byマリン)


エリザベスカラーをして帰されましたが「取っていいですよ」とのことで
息苦しそうなので 早速車の中で外しました。
11日現在、まだ傷は全然気にしてません、
もし気にしだしたら 傷口を舐めないようにお洋服を着せようと思い
用意してます。



子宮蓄膿症は、避妊手術をしてない女の子わんこに多く
我家は 6頭のチャウチャウ犬のうち
セシル、あんず、マリンがなりました。
りんごとアリスは1歳前後で避妊手術してたのでなりません。
心配なのはアンナですね。

中でも偽妊娠する子は ホルモンバランスが悪く
子宮蓄膿症になり易いそうで
ヒートから二ヵ月後くらいに 穴掘り(巣作り)したり
母乳が出たり ぬいぐるみくわえてウロウロしたり・・・
マリンはそうでした。
前回のヒート直後 膀胱炎になったりと
このところ抵抗力も落ちてたようなので なるかも!と思い
この前も 涼しくなったら避妊手術をしよう、と
話してた矢先の出来事でした。

P1130183b2.jpg
退院翌日のマリン

これからは アンナのことも
今まで以上に気をつけてあげたいと思いますし
手術の際 身体への負担が少しでも減るよう
アンナの体重、もう少し減らさなくては(^_^;)

最後まで読んでくださって ありがとうございました m(__)m
ここをご覧の皆さまの大切なご家族が
いつまでも健康で長生きできますよう 願っております。
 
トラックバック
トラックバックURL:
http://apricoty.blog2.fc2.com/tb.php/398-4cbd3c36
| ホームへ |
プロフィール

yui

メールフォーム

このブログの管理者「yui」に非公開でメールが送れます

お名前:
送信者のメールアドレス:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。